内科

循環器科

ペットドックによる早期の診断・治療が病期の進行を抑える

なんの体調不良もなく動物病院にかかることがなくても病気が進行している場合があり、心臓病もその一つです。
急に呼吸が苦しそうになり病院に来院した時には、進行した心臓病である症例を多く診てきました。
心臓病は早期の診断と適切な治療によって病気の進行を止めることはできないまでも、病期の進行を遅らせることができる病気です。
定期的な健康診断によって早期に心臓病を診断し、投薬を開始することによって長く元気にご家族と過ごせる時間をサポートします。
また、咳をよくする場合は心拡大による気管支の刺激が原因である場合もあるため、動物病院の受診をお勧めします。

レントゲン検査
レントゲン検査では心臓の大きさや形態を評価しすることで、心臓の状態や心拡大の有無を判断する一つの指標になります。

超音波検査
超音波検査では心臓内の血流や心臓の部屋の大きさなどを評価することにより、心臓病の診断や心拡大の評価、病態の評価を行います。

PAGE TOP