狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチンはわんちゃんを守るためのものではなく狂犬病清浄国である日本に万が一狂犬病が持ち込まれた際に、
日本国内に狂犬病を蔓延させないための人のための法律(狂犬病予防法義務付けられています
狂犬病は世界では決して珍しい病気ではなく、感染し発症すると100%の致死率)ととても怖い病気です。
狂犬病を日本に蔓延させないために狂犬病ワクチンは必ず接種をお願いいたします。



狂犬病ワクチンの登録と接種時期

わんちゃんをお家に迎えてから(生後90日以内の場合は生後90日から)30日以内にお家の所在地を管轄する市町村長(さいたま市の場合は区長)に犬の登録を申請しなければなりません。この時狂犬病ワクチン接種を済ませておき、犬の登録と接種したことの証明を一度にまとめて行うと手続きが一回で済みます。
また、譲渡などですでに前の飼い主様によりわんちゃんが登録済みである場合は、所有者や住所の変更を届け出なければならず(申請の期限は上記と同じ)、またその年度に狂犬病ワクチンを接種していない場合は接種が必要です。この場合にも変更手続きと接種証明を一度に済ませると楽です。その子がすでに登録済みかどうかはご自身で前の飼い主様や譲渡してくれた保護団体などにお問い合わせいただき、登録されている鑑札番号を調べていただく必要があります。
その後に関しては毎年度おおよそ1年の間隔で接種していただければ問題ありません。

PAGE TOP